腐女子の生態

S井みつる著「めぐみとつぐみ」感想!ヤンキー受けのかわいすぎるオメガバース!

こんにちはさはら(@sahaland_sahara)です。

私、BL漫画もジャンルもこよなく愛していますが唯一苦手なジャンルがありました……!

それがオメガバース

……だったはずなのある作品がきっかけでオメガバースも大好きになっちゃいました。

それがこれ!!!!

 

 

 

さはら
さはら
オメガバース嫌いでも楽しく読めました

 

S井みつる著めぐみとつぐみ」についてご紹介していきます。

オメガバースって?

簡単にオメガバースについてご紹介!

オメガバースとは人間を男女の性別で分けているのではなく、α、Ω、βの3種類に分けて男子でも妊娠が可能な世界を描いております。

α、Ω、βについてはこんな感じ↓

この世界ではα女性とΩ男性は両性具有として存在します。

それぞれの人口分布図はこんなかんじ

*ちなみにαとΩでは「つがい」という制度があり、恋愛や結婚によるつながりよりも強いものとされます。一度つがいになったら、どちらかが死ぬまで関係が続くというロマンティック設定。

さはら
さはら
つがい制度のおかげかα×Ωが多い印象……

この設定で結構オメガバースはシリアス設定が多めなのですが今回紹介する「めぐみとつぐみ」はひたすらコミカルで明るいんです!

「めぐみとつぐみ」のココが良い!

テンポ良く読めて読みやすい

オメガバース作品ってΩが発情期の途中でαが凌辱してしまう……というシリアス話が多いです。

でもめぐみとつぐみはテンポがとにかく明るいんです。

さはら
さはら
オメガバースの中で1番笑った作品です。

めぐみとつぐみの裏表紙がこちら↓

裏表紙を見ただけで分かる、S井みつるさんのギャグセンスの高さ……!!!!!

めぐみがひたすらにかわいい

今回の受けであるめぐみ(Ω)がとにかく可愛いんです。

通常のΩは発情期になると、抑制剤を打つか害がでないようにお部屋に引きも盛るのが一般的なオメガバース漫画あるある。

でもこのめぐみちゃんは一筋縄ではいかないんです。

気合でなんとなかる!と一刀両断!!!

私はこんなオメガバース漫画みたことないぞ……!
面白すぎる!

中々両想いにならないじれったさ(そこがいい)

つぐみ(α)から貰った抑制剤を入れている袋で興奮してしまったつぐみちゃん。

「なんでこんな気持ちになっているんだろう……」と恋心に気づく瞬間か!!!

と思ったら……!!!!!!

イライラしてしまって、めぐみの所にまで殴り込みに行こうとする始末……!!!!

ちがう!そうじゃない!!!

2人が恋心に気づいて両想いになるにはいつまでかかるのだろうか……。

でもそのまっすぐな不器用さがこのつぐみとめぐみの魅力なのです。

続きは是非漫画を読んでみて!

めぐみとつぐみはこんな人にオススメ

こんな人にオススメ!

明るいテンポの作品が好きな人
サクッと読みたい人
一筋縄ではいかない作品が大好きな人

逆にこんな人にはオススメしません。

シリアスなオメガバースを読みたい人
従来のオメガバースを期待している人
さはら
さはら
読んでニヤニヤできる作品、それが「めぐみとつぐみ」です。

めぐみとつぐみ第2巻刊行決定!

1巻で終わるのかと思いきや第2巻目も刊行決定!!!!

さはら
さはら
続報はもう少しお楽しみに待ちましょう!!!!

 

ABOUT ME
さはら
25歳モテません。趣味はBL(ボーイズラブ)漫画や小説を見ること。 石川県で「モテない~」と騒ぎながら生きています。
こんな記事もおすすめ